目的

就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づいて、心身ともに健やかに育成されるよう乳幼児期の教育・保育を行うほか、満3歳以上の子どもに対し幼保連携型認定こども園教育・保育要領に掲げる目標が達成されるよう、教育を行うことを目的とします。

理念

入園児童の心身ともに健やかな育成のため、最低基準を超えた設備及び運営の向上に努めます。また、各種の保育事業に取り組み、入園児童、保護者及び地域への社会的責任を果たします。その際、よりよい「家庭環境」を支援するために利用される方に対して最善を尽くすことを誇りとします。

方針

遊びを通して総合的な指導を行い、心豊かな人間性や感性を育てます。また、「非認知的能力」・「主体的、対話的、深い学び(アクティブ・ラーニング)」を重視します。

教育・保育目標

  • 明るく元気に活動できる子どもを育てる
  • 友達と仲良く遊ぶ中で自主性や協調性を培う
  • 挨拶のできる子どもを養う

教育・保育の充実

保育教諭は、年齢に応じた指導計画の元、園児一人一人が安心感と信頼感を持っていろいろな活動に取り組む体験を十分に積み重ねられるよう、環境を整えます。

また、生きる力の基礎を育むため、「知識及び技能の基礎」、「思考力、判断力、表現力の基礎」、「学びに向かう力、人間性等」の3つの資質・能力を一体的に育むよう努めます。

雪上運動会,節分,弘前公園

  • 保育目標
  • 1日の流れ
  • 年間行事
  • 行事写真
  • 園庭

お問合せ

このページのトップへ